受付時間 16時~20時【金・土日のみ】

読むのもスキ★描くのもスキ★妄想するのもスキ

合同誌でサークル参加!

WRITER
 
埼玉・大宮のマンガ教室で作ったコミティアの想い出
この記事を書いている人 - WRITER -
東京ビッグサイトでコミティア130が開幕!

コミティア130では、大宮・川越講座一同で合同誌「擬人化合同誌」を制作し、講座として 初めて スペース参加する記念すべき日を迎えることができました。

コミティア130のアフター会

COMITIA 130(自主制作漫画誌展示即売会)は、5111サークルが参加しました。コミティアに来たのが初めてだったという方も多かったようです。今回は合同誌というカタチで、参加した方は2~4ページとして「擬人化」をテーマとする本を出版しました。

コミティアアフター会の様子

写真は、コミティア130のあと、多くの人数が集まりました。本当に愉しかった余韻を大切に、皆で愉しさを話したり、参加した方の考えを聞いたりするアフター会を開きました。

関西からは事務長も駆けつけて、お昼過ぎにはコミティア130が開催している東京ビッグサイトで合流、現地の応援に入りました。事務長は、関西コミティアへはよく足を運んでおられますが、東京のコミティアは初めてということで、あまりにも多いブースの数に驚いていたそうです。

合同誌制作から設営まで

みんなで力を合わせて作った合同誌!さまざまな課題を乗り越えて出来上がった擬人化合同誌は、感動的でもありました。学生の方だけではなく、社会人になってもこんなに感動することがあるのだろうか、という気持ちが沸き起こります。

・自分が創作したマンガがはじめて紙媒体になったのを見た気持ち
・コミティア前日に「あとがき冊子」を印刷してくれた先生
・みんなが一緒になって手伝った設営のブース
・グッズなども当日ギリギリに間に合わせてくれた生徒さん

原稿もデジタルだけではなく、アナログもあるために取り扱いにも気を使いました。事務局と先生の間でいったり来たりしたこともありました。

そして、大阪からコミティア130に参加されていた高井りさ(@rishjuly)さんと合流しました。ペンギンのモチーフで、関西コミティアでは有名なメンバーですが、大宮・川越講座のアフター会にも顔を出して、溶け込みました(*’▽’)

埼玉・大宮のマンガ教室で作ったコミティアの想い出

サークル参加の方と一般参加の方が集まって、感想を言い合ったり、お宝を愛でてみたりと、愉しい時間を過ごせました。自分のスキを大切にしている者同士だから、すぐに打ち解ける雰囲気があります。

こんなに多くの人数が集まって、自分の話を聞いて貰えたり、他の方の考えを聞けて嬉しかったですという声で満ちていました。

アフター会は本当に愉しかったです。

日下先生、そして大宮・川越マンガ講座の皆さま、合同誌やグッズの制作でお疲れさまでした。そして、合同誌プロジェクトが成功のMVPは日下先生だと生徒の方々が伝えてくれました。本当に、この日を迎えられましたことをお慶び申し上げます。(事務長より)

私たちのマンガ教室では、共通趣味の仲間との共感を大切にしています。生徒と先生には上下関係ではなく、生徒と先生は友だちという関係作りを大切にしています。

コミティア130への参加、お疲れさまでした!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コミックベース , 2019 All Rights Reserved.