受付時間 16時~20時【金・土日のみ】

読むのもスキ★描くのもスキ★妄想するのもスキ

大阪のマンガ教室

マンガの作画をラフで仕上げ
マンガのネームを研究する生徒
マンガ教室とマンガ雑誌

会 場 大阪市北区(梅田)、大阪市阿倍野区
日 程 会場毎に異なります。
募集内容 受講料

1ヵ月:4,980円(税別)
対 象 漫画教室(大阪)で基礎を学びたい方
自分の不足する漫画のスキルを確かめたい方
画力を伸ばす仲間がほしい方
ハッシュタグ #大阪 #マンガ教室 #マンガ講座 #同人誌 #イラスト #社会人 #小学生 #中学生 #高校生
主催者 漫画カルチャー学園

はじめての方へ

なかなか上達しないと悩んでいませんか。

大阪にあるマンガ教室です。作品を最後まで完成させれず苦しい時がありませんか。自分のペースで作品を仕上げていく方の共通点は仲間がいること。

創作意欲が保てなくなったとき、同じ志の仲間がいると応援し合えるので、前に進んでいけるようになります。

しかし学生の頃と違い、大人になってから 文化・芸術分野での強いつながり を得ることは、とても難しいのではないかと思います。

マンガのネタ帳
読み切りマンガの描き方
マンガ教室の道具たち

大阪のマンガ教室では、創作活動における夢やビジョンを実現したい方に対して、創作意欲を上げていくための「共に愉しめる趣味仲間」と「困れば相談できる環境」を提供します。

大阪エリアのマンガ講座

大阪エリアでは、専門が異なる講師から角度を変えたセッションが可能(振替OK)。近くの教室から入り、共通趣味のメンバーと共に作品の完成を目指しましょう。

講座名曜日・時間状況
大阪A3第1・3(金)19-21残席僅か
大阪B1第1・3(土)10-12予約OK
大阪B2第1・3(土)13-15残席僅か
大阪C1第1・3(日)11-13残席僅か
大阪C2第1・3(日)14-16予約OK
鶴橋A3第2・4(金)19-21予約OK
枚方B1第1・3(土)10-12満席
阿倍野B1第1・3(土)10-12予約OK
阿倍野B2第1・3(土)13-15予約OK

まず創作意欲を保ち続けることが、作品を完成させる第一歩なのです。

会場・アクセス

JR大阪駅前のマンガ教室

大阪駅前第3ビル 10F
大阪メトロ 東梅田駅 南改札 徒歩5分 

住所;大阪府 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル10F

■JR/京都線「大阪駅」 歩5分、東西線「北新地駅」 歩2分
■阪急電車/阪神本線「梅田駅」 歩9分、
■阪神電車/阪神本線「梅田駅」 歩5分
■地下鉄/谷町線「東梅田駅」 歩5分、御堂筋線「梅田駅」 歩7分

阿倍野・天王寺のマンガ教室

あべのベルタ 地下2F
大阪メトロ 阿倍野駅 7番出口直結 

住所;大阪府 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1 あべのベルタ地下2F

■地下鉄/谷町線「阿倍野駅」 7番出口直結
■地下鉄/御堂筋線「天王寺駅」 歩5分
■JR/各線「天王寺駅」 歩5分

鶴橋のマンガ教室

鶴橋駅前まんが教室
近鉄・大阪上本町駅徒歩2分、谷町9丁目駅から徒歩5分

住所; 大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9番19号(FLAT34上本町2F)

■地下鉄/千日前線「谷町九丁目駅」歩5分
■近鉄/難波線「上本町駅」歩2分
*奈良・生駒・八尾エリアからもアクセスが良いです。

枚方市のマンガ教室

京阪・枚方駅前(枚方市市民会館)
京阪・枚方駅 徒歩5分

住所; 大阪府枚方市岡東町8-33(枚方市市民会館)

■京阪/本線「枚方駅」 歩5分
■京阪/交野線「枚方駅」 歩5分
*京阪沿線にお住いの方はアクセスが抜群。

よくある質問

入会について

Q1.どんな内容の講座ですか
一般的な塾のように、先生が前で教える形式ではなく、自分の作りたい作品を通して、自分のペースでやりたいことができる技術、コツを学べる講座です。
Q2.誰でも受講できますか

ほとんどのクラスが、経験や年齢、国籍に関係なくご受講いただけます。また、初心者の方でも個別カリキュラム制ですので、技量に関係なく、安心してご参加していただけます。年齢制限は小学4年以上。現在、受講者の年代は10代~70代までさまざまです。

Q3.受講に時期はあるのですか

決められた受講の時期はありません。月途中からの受講が可能です。

Q4.入会しないと受講できませんか

会員制となります。体験コースから入ることで入会金が免除されます。体験コースで疑似体験しておけば、講座でマンガを描く感じを掴めます。>>体験コースへ

Q5.体験コースとは何ですか

体験講座では、描きたい作品や課題がある方は、講師のアドバイスを受けることができます。同人誌や雑誌投稿の相談も可能です。これからはじめる方は、画材の使い方やマンガ家のアシスタントの疑似体験を通して、実際の受講がどんな感じになるか、理解できます。コミュニケーションが苦手でもフォローしますのでお任せください!

Q6.見学だけとかできますか

ご見学は30分程度です。ご希望の教室に見学できる空きがあるかどうか、ご確認ください。また、可能であれば体験コースがオススメ。一回限りでも具体的な作画の相談、持参して頂いた作品のアドバイスが可能。本気で受講を考えている場合は、ぜひオススメ!

Q7.申し込みの締め切りはいつですか

どの教室も満席になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。

Q8.教室はどこにありますか

関東には3教室、関西には4教室と、名古屋に1教室あります。教室によって受講できる曜日が異なりますので、お気をつけください。

  >関西エリアのマンガ教室一覧はこちら
  >関東エリアのマンガ教室一覧はこちら
  >中京エリアのマンガ教室一覧はこちら

Q9.受講に際して用意するものはありますか

受講される方のお名前、ご住所、お電話番号をお申し込みフォームにご記入ください。お振込いただいた後、当日に受講票をお持ちください。印鑑などは必要ありません。

頻度・コースについて

Q1.入会後に教室の変更は可能ですか

可能です。仕事や学業の都合により、当日参加できない場合の振替や、他の講座に友人ができた場合など、自由に教室の変更ができます。

Q2.講師を指定することはできますか

講座の振り替えを行うことで、いろいろな講師から学ぶことを推奨しています。講師毎に得意分野が異なり、講座毎に特色があります。

Q3.早く上達したいので講座の数を増やせますか

最初に基本の講座を選択してから、自分なりの練習ペースを作っていきましょう。まずは、目標を定めてから講師にアドバイスをもらってください。

Q4.月1回から通うことができますか

原則できません。理由としては、作画のスキルや知識、描くことの習慣を身につけるには、月2回以上の受講が必要と考えています。但し、半年以上の受講者に対しては、仕事や学業の環境によって月1回のコースをオススメする場合もあります。

受講料について

Q1.受講料はいくらですか

1ヵ月:4,980円。最初の体験コースは、2,480円となります。

*体験コースから入られた方は、入会金5,980円が免除されます。

Q2.支払い方法は何がありますか

銀行振替となります。
お申し込みから口座振替までは、受講日の前日までにお振り込みください。

Q3.支払い期限を過ぎてしまいました

すぐに事務局までメール、LINE@、Twitter等でご連絡ください。支払い手続きの再発行を行います。体験講座の当日になった場合でもご連絡ください。

関連情報

関西・マンガ教室からのお知らせ

振替を推奨しています!

関西の講座では振替が自由となりました。ストーリーマンガは画力だけではなく、脚本の魅力がなにより大切。脚本を創作するときに、読者となりえる視点をみつけましょう。トキ○荘のような切磋琢磨できる環境を整えていけるよう、振替を通して多くの視点に出会ってください(*´ω`*)/

気象災害等による臨時休講について

台風19号が接近中!

 

  • 豪雨、台風、地震、大雪などによる気象災害が発生し、講座開始3時間前の時点で、講座の最寄り駅に通じている鉄道が運休になった場合のみ休講致します。
  • 講師が交通機関等の問題で来られない場合は、休講になることもありますのでご了承ください。
  • ご自身で『危険』だと判断された場合、無理な登園はお控えくださいますようお願い致します。(帰路の事も含め、ご判断ください)
  • 気象災害等などのやむを得ない休講は補講講座・返金は致しませんので、ご了承下さい。

尚、休講となった場合はホームページ及びメール・LINE@での通知を致します。電波の届く環境での待機をお願い申し上げます。

何卒、気をつけてお越しください。

大阪府のマンガ教室・受付スタッフ訪問記

大阪土曜の昼コースのマンガ教室にお邪魔してきました(‘ω’)ノ
平日の夜は大人の方が多いマンガ教室で、時には集中して作画を進めたり、時には立ち歩いてしゃべったりして楽しまれていたのが印象的でした。

*FF7のリメイク版が来月発売予定!

ということで、FF7ファンの生徒さんが、発売前にキャラクターのイラストを描いておられました。PS版⇒PS4でリメイクされるため、ポリゴン⇒リアルなグラフィックに変わるため、発売をとても楽しみにされていました(^^)発売されたら、FF7ファンの方同士で語り合える場があると盛り上がりそうですね。

生徒さんの中には初めてストーリー漫画を制作されている方も見受けられます。32ページの漫画で、少しずつ確実に作画を進めています。

一方、製本やアクリルスタンドの制作をすでに経験されている方もいます。印刷所の利用方法やグッズのつくり方にも精通しているため、特に初めて漫画を作る方には頼りになります。講座中に質問に答えてくれたり、作ったアクリルスタンドを見せてくれたりしました。

*先駆者がいるので安心!

自分の漫画やグッズを作って、初めてイベントに出される方は、分からないことが多いので不安も大きいと思います。しかし、マンガ教室のクラスに先駆者がいればどうでしょうか?小さな疑問にも答えてくれますし、仲間になって背中を押してくれる存在にもなり得ます。これから参加の方は、なんでも質問してくださいね。

大阪・マンガ教室(土曜・朝コース)へ行って参りました(‘ω’)ノ
コロナウィルスの影響でお休みが多いかな?と思いましたが、メンバーの皆さまは大阪・マンガ教室を楽しみにされていたようで、ほとんどの方が参加してくださいました。学生の方は、すでに休みに入っている方が多く、家で作画を進めている方もいました。地域によって休み期間や登校日が違うようなので、みなさんくれぐれもお気をつけて登校してくださいね。

マンガ教室では、各所で輪を作って盛り上がっていたのが印象的でした。大人の男性同士で談笑したり、小中学生で携帯ゲームの話をしたり、初めて話す方もすぐに打ち解けていました。

立ち歩いて雑談OKなので、どんどん交流を深めている方もいますが、最初はどうやって交流していいか分からない方も多いです。そんなときは皆さんが話している話題に耳を傾けてみてください。興味のある話題であれば、話しかければすぐに輪に入れますし、同じ趣味の方を皆さん歓迎しております。

でも、どうしても輪に入りづらいことがあると思います。そんなときは先生を間に挟んでください。どの方がどんな趣味を持っているのか、先生は把握しています。「●●が好きな人いますか?」とお声がけすれば、一緒になって話題を振ってくれると思います。

特に、大阪のマンガ教室に体験受講で来られる方は「どんな人たちがいる教室なんだろう?」と不安だと思います。先生や受講生が歓迎いたしますので、ぜひ一度教室へお越しください(^^)

大阪マンガ教室(日曜)朝コースに来ました(・ω・)ノ
学生さんが3人、机を動かして三角形を作り、描いているイラストやアニメ・ゲームの話で盛り上がっていました。そこはまるで女子会が開かれているようで、途中、先生も一緒になって楽しまれていました。

学校で流行っている漫画を聞いてみると、やはり『鬼滅の刃』でした。最近はどのクラスに行っても必ず名前が出てきますね。他のクラスに振替受講をしても、鬼滅の刃が好きな仲間がたくさんいるので、話題にはぜんぜん困らなさそうですね\( ‘ω’)/

そして私はといえば・・、MCG新年会に向けて、参加予定のメンバーと名札を作成しておりました。イラストと、好きな漫画や見ているアニメを周りに描いてみました。一緒に描いていたメンバーの名札を見せてもらうと、色塗りがめちゃくちゃ上手い!?陰影をつけるなど色の強弱や色使いがとても上手で、色鉛筆で描いたとは思えないほどの出来栄えでした。

*色塗りも学べる講座です。

イラストを描いたら、色を塗ってみたくなります。でもハイライトや陰影の付け方、どんな道具を使ったらいいのかなど、マンガ制作における色塗りはとっても奥が深い!マンガの解説書やマンガの動画を見てみても肝心なところが解説されていないこともあり得ます。

実際に顔を合わせる大阪のマンガ教室(=リアル教室)では、目の前に先生がいるので、聞きたい時にすぐに質問ができます。そして周りには、同じ目標を持っている仲間がいますので、お悩み事があれば気軽に遊びに来てくださいね(^ ^)

今回は平日にある大阪・金曜(夜間)のマンガ教室にお邪魔しました。

関西コミティアの参加者さんに、コミティアで購入した同人誌などを見せながら感想などを伝えていると、他のメンバーも集まってきました。すると、今までの作品を整理して、時系列のファイルを持参してくれまていました。

時系列のファイル、作品の絵柄の変化の歴史や考え方など、ストーリーマンガ創作を通しての移り変わりのお話はとても興味深いもので、マンガの世界、マンガの創作とは深いものだと実感させられます。マンガ教室(大阪・平日コース)で聞いていたメンバーの中には学生の方もおり、良い刺激になったそうです。

絵柄が変化する!というのは、マンガのプロ作家さんに共通するもので、連載が長い作家さんの場合、メインのキャラでも最初の頃から比べると、研ぎ澄まされて変化するのは有名な話です。荒木飛呂彦先生の絵柄の変化なども、有名です。マンガ家にとって、絵柄の変化とは、画力成長の証ともいえるように感じます。

次回の関西コミティア参加では、グッズも作るとのことで、創作への意気込みを感じました。物事を創作して、表現していくのは本当に愉しいと思いました。

大阪日曜の昼コースのマンガ教室にお邪魔してきました(・ω・)ノ

昼コースはストーリー漫画を制作されている方が多く、ネームができたら先生だけでなく、クラスのメンバーで回し読みをしています。これは、ネームの段階で漫画を描く人の目線、読者の目線で見てもらうことで、ストーリーがブラッシュアップされることが狙いの1つだそうです。漫画のネームを多くの人に見せたり、また見せてもらう機会はあまり無いので、クラスのメンバーは貴重な機会だと喜んで回し読みをしている様子でした。

この大阪・マンガ教室には1月でMCG歴5年目を迎える方がおられます。「MCGマンガ教室に通ってから家と学校以外の居場所を見つけられたのでとても楽しい」と言ってくれました。楽しい居場所を作ることは、カルチャースクールの目的の1つでもあるので、とても嬉しかったです(^ ^)

*過去の絵に向き合うことの大切さ

また、この方は数年前に描いたイラストを持参して、1部見せてくれました。「昔の作品を見せるのは正直恥ずかしい、デッサン狂ってるし下手や〜」と言います。「でも当時はどこが変になってるとか分からなかった。今の絵と比べるとすぐにわかるし、成長したな〜って思います」と続けて話してくれました。

何年か前に描いた絵を見るのは少し恥ずかしい気持ちがあるかもしれません。いわゆる「黒歴史」として、見たく無いと感じる方も多いと思います。しかし、過去に向き合ってみると、自身の成長を感じることができるのも事実です。

漫画やイラストを描き続けていると、スランプに陥ることもあると思います。そんなときは過去の絵と向き合い、ご自身の成長を振り返ることで、自信を取り戻すキッカケになると思います。

大阪のマンガ教室・土曜の朝コースにお邪魔してきました(・ω・)ノ
学生だけでなく、大人の男性も多いクラスです。いろんな年代の方でも、一緒に漫画やアニメの話で盛り上がれるのが、カルチャースクールの楽しいところですね!

土曜のマンガ教室には、数年前に通われていたけど一旦休会。最近、久々に戻ってこられたメンバーもおられます。漫画仲間と共に4コマ漫画やイラストの制作を楽しまれているご様子でした。かわいい年賀状もいただき、私もとても楽しい時間を過ごしました。

また、マンガ講座の終了間際には、いつのまにか大人の男性たちと中学生の方が仲良く映画の話をされていたことが印象に残っています。お聞きしたところ、親の影響でスターウォーズが大好きになり、大人顔負けの知識を持っているようです(о´∀`о)
中学生がスターウォーズマニア!?ということで、クラスメイトが興味深々(笑)。世代を超えてとても楽しそうに話されていました。

*サブカル仲間は自分の「好き」にまっすぐ!

サブカル仲間たちは、自分の好きなものを純粋に好きと言える、素晴らしい方々の集まりです。そして、他人の「好き」にも興味深々で、好奇心の塊ともいえます。

社会人のメンバー様の中には「そういえば昔は絵を描くのが好きだったな〜」という方もたくさん通われています。ちょっとやってみたいなと思われたら、いつでもマンガ教室までお気軽に連絡くださいね(*^^*)

大阪・日曜のマンガ教室にお邪魔してきました(‘ω’)ノ
いきなり嬉しいニュースが飛び込んできました。漫画雑誌「花とゆめ」に投稿していたメンバーが、入賞したとのこと!審査員が好きな作家さんだったこと、先生やほかの生徒さんから祝いの言葉をもらって嬉しそうでした(^^)

このメンバーから「学校や部活よりも、MCGにいるときが一番楽しいです!」とコメントをいただきました。 目の前で聞いていた先生も私も、本当に嬉しく思い、やりがいを強く感じました。

実はこの生徒さん、投稿するまでに少し長い時間がかかっていたのです。ストーリーなどはほぼ出来ていたのですが、忙しさもあり、しばらく筆が止まっているうちに絵柄が変わってしまい、イチから書き直すことになったためです。

ストーリー漫画を完成させるには、技術的な問題だけでなく、描く時間やモチベーション維持など、様々な要因をクリアしなければなりません。そのため、一人ですべてやり切るのは難しく、完成させず途中でやめてしまう方も多いようです。

今回、ストーリー漫画を完成させることができた理由は、生徒さんの頑張りはもちろん、先生が完成期日や目標設定を一緒に考え、完成まで支えたことも挙げられます。それほど完成までモチベーションを維持するのは大変なことだと感じました。

しかし、一度完成させると自信がつきますし、次の課題も見つかりやすくなります。同じようにストーリー漫画の制作にお悩みの方は、一人で悩まず、大阪・マンガ教室まで、共通の趣味を持った人たちが集まる環境にぜひお越しください。

大阪・金曜のマンガ教室へ、久々にお邪魔してきました(‘ω’)ノ
みなさん年内最後の大阪マンガ教室ということもあり、ご自身の作画を進めたり、合間に楽しく会話が弾んでいたのが印象的でした。

合間にやった「記憶力お絵描き」では、ピカチュウなどのキャラをみんなで作成。微妙に違う感じになり、どこが違うのか?ここに髭はあったか?など、意見を交わしておりました。参戦された方で、ポケモンに詳しい方がいましたので、ピカチュウを何も見ずに描いていただくと、めちゃくちゃ上手い!完ぺきに仕上げていて、ポケモン愛の深さが伝わりました。

そして「リレー4コマ」も盛り上がっておりました。今回は、わたくしも初めて参加させていただきました。まさかの4コマ目(オチ)担当となり、プレッシャーが凄かった(笑)のですが、何とか仕上げることができました。

実は、私にとってこれが初めての「漫画制作」となりました(^^)。1コマだけでしたが、どのようなオチにするのか、絵はどうするか、セリフはどうするか等、漫画制作の難しさに触れる機会となり、とても楽しい時間になりました。一緒に制作すると、仲間意識も生まれ、会話がさらに盛り上がるので、とても良いですね!あるメンバーが「”漫画教室”って感じがして、めっちゃ楽しい!」と言っていましたが、本当に漫画のパワーを感じる瞬間がありました(*’ω’*)

(私のように)漫画を描いたことが無い人でも、1コマなら何とか描けるものです。ぜひ一緒にリレー4コマに参加して、漫画制作の面白さを体感していただければ嬉しいです。

講師の皆さま、いつも共通趣味の仲間作りを応援して頂き、ありがとうございます。

大阪・鶴橋マンガ教室がついに開講いたしました(*^^*)
教室内はキレイで清潔感があり、とっても良い雰囲気。コーヒーが常備されていて、これからの時期は、温まりながら作画に没頭できそうです。

開講したての大阪・鶴橋マンガ教室はしばらく少人数で講座が行われます。ほぼマンツーマンレッスンとなりますので、開講ほやほやの教室はちょっとお得感がありますね。実際にマンガ教室の様子を見てみると、好きなときに先生に質問をしたり、趣味の話を楽しんだり、作画の悩みを相談したりと、的確なアドバイスが受けやすいと思いました。

今回受講された生徒さんは、イラストを中心に絵を描かれているようで、デッサンにも余念がない熱心な方でした。とても魅力的なイラストを描かれるので、何年もイラストを描いてきたんだろうな~と思っていたら、まだ描き始めて5~6年ほどしか経っていないとのこと。

さらに突っ込んで聞いてみると、早く上達した理由が見えてきました。この生徒さん、毎日欠かさずイラストを1枚描いており、さらにはSNSへアップして、第三者の意見や感想も聞いて次に活かしているそうです。今では1枚イラストを描かないと気持ち悪くなるくらいだとか(+_+) 習慣化することの大切さを改めて思い知らされました!

でも、毎日イラストを描くのってなかなか難しいことです。日によってはモチベーションが下がって、やる気が出ないこともあると思います。そんなときは定期的に参加できるマンガ教室はおすすめです。大阪のマンガ教室では作画の上達だけでなく、モチベーションの維持や作画の時間確保にもぜひ利用してみてください。

大阪・マンガ教室(日曜)の昼コースにお邪魔しました(‘ω’)ノ

マンガ講座の開始前に、シルクスクリーンで仕上げた作品を持参された方がいましたので、見せてもらいました。家で飼っているワンちゃんがデザインされたカバン(犬の散歩用バッグやエコバッグなど)が数点あり、素敵な作品がずらり!手作業でデザインするため、1つずつ出来栄えが違っていて、より愛着が持てそうな作品でした。もともと講師の先生が紹介したシルクスクリーンでしたが、こういった素敵な芸術活動を共有できるのは良いですよね(^^)

そして、京都から大阪のマンガ教室へ振替受講に来てくださった方もいました。初対面でしたがとても気さくな方で、すぐに先生や周囲の方と打ち解けておられました。

色んな方と話しているうちに、マンガだけでなく、職業や他の趣味の話にもなりました。普段はマンガやアニメの話題が多いのですが、たまにこういった話をすると、その人の意外な一面が見えたり、共感できる面が増えたりするので、とても盛り上がりました。本当に色んな方が、マンガ好きという共通点で1つの教室に集まっているんだと思うと、なんだか嬉しくなりました(*^^*)

振替受講は初めての教室に行くので、最初は緊張されるかもしれません。しかし、所属しているマンガ教室にはいなかったタイプの方がいたり、共通趣味を持っている方がいる可能性があります。そういった出会いは深い部分で共感できたり、新たな発見ができますので、いつもと違うマンガ教室の雰囲気、空気をぜひ体感してみてください。

大阪のマンガ教室を訪問しました。

休日の大阪マンガ教室では、イラストの課題に向かっている方やネームを先生にみてもらい、アドバイスをもらっている方など、さまざまです。そこでは「進撃の巨人」兵士長のフィギュアを持参、デッサンに挑戦をしてる方がいました。Twitterでも画風が個性的な絵師様で、雰囲気のある兵士長のイラストが特徴的です。

今回、兵士長のフィギュアも紹介して頂きました。衣装まで細密な布で作られているので、見ていると動き出しそうな、とても質感を感じるクオリティの高い兵士長フィギュアです。なんでも、購入当時よりも価格が高騰しているそうで、じっくりと眺めていると欲しくなってくる逸品です!(^^)!

マンガの画力を高めるためには、デッサンは大切な練習法です。

クロッキー(ドローイング)とは違い、デッサンは細かい部分を見逃さず、観察する能力を養ってくれるので芸術系大学のマンガコースでは必須となっています。自分の作品作りのレベルを上げるためにも、好きなものから描くのは、取っ掛かりを得るうえで大切です。
独学で描いている方も、他の方がどんな感覚で描いているか、ぜひ大阪・マンガ教室を見に来てください。

大阪教室、引き続き昼コースのマンガ教室にお邪魔してきました(‘ω’)

〇〇先生に生徒さんの引継ぎをしてもらいました。どんな生徒さんなのか?どこで悩まれているのかなど、丁寧に説明しながら一緒に会話をしながら楽しく引継ぎしていただいていたご様子。

生徒さん同士もどんどん交流が進んでいました。以前に生徒さんから可愛い人魚のアクリルスタンドを見せていただいて、先生や生徒さんがその方を囲み、プチ鑑賞会をしていたのですが、そこから一気に生徒さん同士で仲良くなったようです。自分の趣味や作品が受け入れられると安心できますよね(^^)

そして・・いつもより少し早めに講座を終了し、〇〇先生から生徒の皆さんへご挨拶。皆さん帰宅される前に、先生と少しお話をしてからお礼のプレゼント。お手紙やお菓子、また小学生の生徒さんは、かわいらしい手作りのイラストや作品を渡していました。プレゼントで荷物一杯になってしまいましたが、半面、とても嬉しそうな顔をしていたのが印象的。

朝昼ともに、〇〇先生へ正式に引き継がれました。コロナが収束しましたら、新たにマンガ教室を盛り上げていきたいと思います。一人で作画をしていると悩みも多いと思いますので、マンガ教室に来られましたら、気軽に質問してくださいね!

続けることの大切さをシンプルに。一所懸命に、継続は力なり。

Copyright© コミックベース , 2019 All Rights Reserved.